全身脱毛専門店アンジー

全身脱毛専門店アンジーANGIE

大分駅から徒歩約3分。
完全予約制のアットホームな脱毛サロン

  • 女性専用
  • アットホーム
    サロン
  • カード
    払いOK
脱毛の無料相談窓口
HOT PEPPERから予約する
お電話でのご予約はコチラ
070-5468-3539
受付時間 9:30~18:00 店休日 : 日曜
ブログ

HOME > ブログ

2022年9月の記事

介護脱毛の最大の敵は!?

大分市の介護脱毛のプロ、ANGIEのサダモトです。

 

みなさん、介護脱毛意識してますか??

 

今やなかなか死ねない時代。

ピンピンコロリが理想でも、いずれ誰かのお世話にならないといけない日が来るかもしれませんよね。

それが家族、肉親であっても、あるいは施設のスタッフさんなど全く見ず知らずの人であっても

できるだけ手間をわずらわせないようでいたいと、皆さん思うのではないでしょうか?

 

そのための準備のひとつが「脱毛」です。

 

 

+++

 

なんで年をとるのに脱毛がいるの??

 

と思われるかもしれませんが、

ANGIEが一番得意とするのは、アンダーヘアの脱毛。

デリケートゾーンまわりの毛をなくしておくと、

シモのお世話をされるときに、

●拭きやすい

●より清潔でいられる

●肌トラブルの予防

●結果、快適でいられる、というよい状態がのぞめます。

 

 

「介護脱毛」って、ここ最近、あちこちで目にするようになりましたよね。

ANGIEではもう5年くらい前から、この言葉を使っていました。

 

 

+++

 

介護脱毛を意識しだすのは

やはり40代や50代のお客様が多いです。

 

ところが、それくらいの年代になると、

アンダーヘアにも白髪がちらほら出てきています。

 

みんながみんなではなく個人差はありますが…

 

髪の毛と一緒で、

年をとっても全く白髪の出ない方もいますよね?

かと思えば、

若いころから白髪のある方もいます。

 

頭髪には全く白髪がないのに、

アンダーヘアには白毛が出ているという場合もあるので要注意です。

 

+++

 

白毛があると、通常の光脱毛のやり方では反応しません。

キレイに黒い毛だけが無くなって、白い毛がしっかり残るという結果になります。

 

せっかく意を決してアンダーヘアの脱毛をしたのに

白い毛が残ってしまった…となると

見栄えもよくないし、そもそもの「清潔に保つために毛をなくす」が叶いません。

 

ぜひ一度、ご自身のアンダーヘアを確認してみてください。

白毛は介護脱毛の敵!

出てくる前に始めるのがオススメです。

 

 

▶︎もしも、すでに白毛がある…!の場合は

 

ANGIEの独自メソッドをお試しください。

ご相談、カウンセリングはいつでも無料です👌

 

ホットペッパーよりご予約できます!

 

介護脱毛を考える際に大事なこと

介護脱毛を考える際に大事なこと

 

自分のアソコ見てますか?

こんにちは!

大分市で40代以上の、脱毛したいけどチュウチョしている女性を全力で応援しているサロン、ANGIEです!

 

どなたも気軽に気兼ねなく脱毛してほしい!そのためにハードルを限りなく下げたい、と思っております。

VIO脱毛したいと思って情報収集されている方には、ぜひ参考にしていただきたい情報をご紹介します。

 

 

+++

 

みなさん、ちゃんと自分のデリケートゾーンを

見ていますか??

 

日本の性教育はとーっても遅れていて、

「そんなところを見るのは恥ずかしい!」

「性器を触るなんて汚い!いやらしい!」

というイメージが根強くあります。

 

でも本当にそうでしょうか?

 

性器や陰部、デリケートゾーンと呼ばれる部分も

自分の大切な身体の一部。

世界に一つの替えが効かない大事な身体です。

しっかり見ること、触ること、

そしてちゃんと異常に気づけること。

 

大事だと思いませんか?

 

+++

 

過去に本当にあった話です。

 

ある日ご来店のお客様、事前のカウンセリングでも

「施術を希望する部位に傷やできものなどの異常はない」

という確認をしてからの、いざ施術。

 

 

…あのー、ちょっとできものができているようなので

今日は施術を中止しますね。

これは、病院に行った方がいいと思います。(^^;

 

ということで、その日はお手入れをキャンセルしました。

後日ご報告をいただいたところ

私が「これかも」と思った性病でした。

 

 

性病だったのはまれな例ではありますが

ちょっと毛穴が詰まってできものになっている、ということなら

もう少し例があります。

 

要は、皆さん、意外と自分の陰部周りの肌状態の変化に

気が付いていないのですよね。

そのまま、性病に気が付かずに病状が進行してしまったり、

その間に他の人に移したり…

そんな危険も考えられます。

 

+++

 

陰部のお肌自体もですし、おりものの状態や

生理の時の経血の量や色も、女性の健康を知る手掛かりになります。

 

デリケートゾーンを見ること、触れることや

自分の身体から出るものを確認すること、

積極的に興味を持ってほしいです。

 

 

アンダーヘアを脱毛すると、

自分のデリケートゾーンが、文字通りまるはだかになります。

 

肌の色はこんなだったんだー

実は毛穴のつまりができてた!

意外とここのお肌が乾燥してるかも…

 

などなど、

色んな事が観察しやすくなりますよ。

 

自分のデリケートゾーンを見ることの大切さについて

自分のデリケートゾーンを見ることの大切さについて

マタニティ脱毛本当に必要?

本日もマタニティさんがいらっしゃいました。

今年はマタニティ脱毛大人気です!

出産前にやるといいよ、というのがじわっと広がってきてるなーと感じます。

 

さて、マタニティさん、

以前は「1人目生んだ時に、処理しておけばよかった!と思ったので」というお客様が多かったです。

過去の産前産後の体験から、2人目出産のときには絶対アンダーヘアをお手入れしてから臨もう、と感じられたということですね。

 

実際、ネットなどで、

「処理しておけばよかった…」

「処理して出産して良かった!」

というどちらの声も多く見られるので、

きっとそういうのを見て、初めて出産されるプレママさんも

「出産前にアンダーヘアの脱毛しておこう~!」と思うようです。

 

 

+++

 

 

マタニティさんの脱毛の時には、必ずお医者さんに体調や、脱毛してもいいかを聞いてから来ていただくようにしています。

 

ほとんどの産院は、脱毛OKの許可をくれます。

 

場合によっては、お医者さんや助産師さんが

「別に脱毛なんてしてこなくてもいいよ」

「病院で剃毛するから大丈夫よ」

などという場合もあるらしいのですが、

それは病院側の処置に毛のあるなしが関係ないという意味でありまして…

 

ママがその後、快適に過ごせるか、

不快な思いをするかどうかの話ではないんですよね~!!(汗

 

↑↑↑重要!!!

 

 

+++

 

 

病院に言われるままに部分剃毛され、産後のキツイときにチクチクかいかい…

しかも全体としては毛深いので、産後の悪露で気持ち悪い…

 

こんな思いをしたのは、実は私自身です。。

 

今から18年くらい前のことなので、

当時はアンダーヘアをお手入れするのが当たり前でもなかったし

そんなサロンもありませんでした。

 

でも今は、VIO脱毛はかなり一般的です!

光脱毛はできませんが、

ワックス脱毛であればママにもベビーにも問題なく

アンダーヘアを脱毛することができますよ。

 

 

 

<結論>

■医療的には、毛が生えたままで分娩に臨んでも問題ないけど、

場合によっては剃毛されることも。

その後の不快感へのフォローはなし。。

 

■逆に脱毛してから分娩に臨むことは、ANGIEのお客様の声を聞く限り

お医者さんや助産師さんもNOとは言われません。

 

■脱毛しておくことで、産後の過ごし方が快適になりますし、

会陰周辺をキレイにしやすくなります。

出産前にアンダーヘアを脱毛しておくマタニティ脱毛について

出産前にアンダーヘアを脱毛しておくマタニティ脱毛について

本当は恐ろしいセルフ脱毛

コロナもあって、セルフ脱毛がとっても身近になりました。

家庭用脱毛器も安価なものが手に入るようになったり、自分でできるワックス脱毛キットがドラッグストアで売っていたり。

セルフでやるスタイルのサロンも各地にできています。

 

ただ、プロから見て、これは怖いなと思うものもありますので、

今日はそんなお話を。

 

+++

 

お客様でもたまにいるのですが、

「ブラジリアンワックスやってみようと思って、市販のやつを買ってみたけど、痛いばかりで全然抜けなかった。」

という体験談。

 

よくあるのは、ネットで買える「食べられるワックス」や、ドラッグストアなどに売っている「水で落とせるワックス」を使う場合です。

もう一つは、これもドラッグストアで手に入るのですが「ワックスシート」を使う場合です。

 

 

プロ用は、油溶性で、水で流しても落ちません。

だからこそ脱毛力が強いし、一度塗ったら剥がさないと落とせないので、下手な塗り方はできません。

家庭用でアマチュアの方が使う前提の製品は「水で流せる」ものである場合が多いです。

それは脱毛力が弱いということでもありますし、だからこそ下手に扱っても何とかなる!とも言えます。

なので「うまく抜けなかった」というのは当然かなと思います。


それに、やはり脱毛するには「ちょっとしたコツやポイント」をちゃんと踏まえているか?がとても大事です。

 

 

脱毛前に脱毛する肌面や手指を清潔にしているか、

毛の流れがどうなっているか

ワックスが密着しているか、

肌面をしっかり張っているか、など…。

 

 

実は、アンジーでも、お客様に

「自分でワックスするなら、この商品が使いやすくておススメですよー!」

とお教えしていたものがあります。

ちゃんとコツとポイントを同時にお伝えして、ご希望があれば、サロンで無料で使い方をお教えしていました。

 

ところがネットでその商品のレビューを見ると

使えない、抜けない、痛い…だけでなく、ひどい肌トラブルの画像を投稿している人もいました。

私から見れば、それは商品の問題ではなくて使い方の問題なのですが、

一般のユーザーからしたら、それも分からないですよね。

 

ある人は「私の肌には合わなかった」と書いて画像を添付しているのが

明らかに表皮剥離を起こし後、皮膚が色素沈着を起こして茶色く変色している状態でした。

 

 

このことを考えると、セルフのワックス脱毛は…

「うまく脱毛できた!」という人は、ワックス脱毛の勘というかセンスがいいラッキーな人です!

「うまく脱毛できた!」と思っていても実は肌トラブルを起こしていて、それを気にしていないだけの人もいます。

「うまく脱毛できなかった…」という人は、コツやポイントが分からないなりにやってみて、肌トラブルを起こしたり、商品の脱毛力を発揮できなかった場合だと考えられます。

 

 

海外だと、お母さんから娘に、あるいは友達同士などで使い方を教えたり、脱毛しあったりというのもありますが、

日本だとまだまだそこまで脱毛の自己処理についてオープンではないですよね。

 

なので、家で自分でやりたいんですー!という方は、試す前に、一度聞いてください!

正しく、トラブルなく、脱毛力を発揮できる使い方をお教えしますので。

 

コスパや恥ずかしさ、サロンに来る手間を考えたら、自分でできるといいですよね。

ANGIEはそれも応援しますので、ぜひコツやポイントを聞きに来てくださいー!

セルフワックス脱毛の注意点をご紹介

セルフワックス脱毛の注意点をご紹介

VIOの毛をなくしたらトラブルは減るのか?

デリケートゾーンのトラブル

カユミ、匂い、できもの、おりものなど

いろいろと不快な症状がありますよね。

 

ブラジリアンワックスや脱毛でIラインの毛をなくしたらトラブル解消になると思われていますが、それは本当でしょうか?

 

結論からいうと、

デリケートゾーンのトラブルの原因は毛だけではありません。

それで全て解決するとは思わないほうが良いです。

 

デリケートゾーンは

・ムレやすい

・雑菌が繁殖しやすい

からの

・匂いが強くなる

・かぶれやすくなる

・かゆみにつながる

・吹き出ものにつながる

といった不快な状況になりがちです。

 

また、おりものが多い場合、体調や生活習慣の影響も大きいです。

毛のお手入れだけでなく、生活全般の見直しが必要ですね。

 

でも毛をなくしておくことで、

「キレイに拭ける」ようになることは間違いありません!

結果、雑菌の繁殖を抑えることができるのは大きなメリットです。

お問い合わせ

お電話でのご予約はコチラ
070-5468-3539
営業時間
(月~木)10:00~20:00
(金土祝)10:00~18:00
店休日
日曜
  • ホットペッパーから施術予約をする
    ※ホットペッパーのアカウントを持たれている方は、
     こちらが便利です。
  • LINEで今すぐ、施術予約をする

無料体験、脱毛のご相談はコチラから

まずはANGIEの脱毛をちょっとお試ししたい方に

光脱毛・ワックス脱毛
無料脱毛体験はこちら

他店では聞きにくいお悩みや脱毛のギモン、
なんでもご相談ください。

無料脱毛の相談窓口